水漏れトラブルが多いトイレでレバーが空回り?

家の中の水回りすべてで水漏れのようなトラブルがいつ起こるか分かりませんが、他にもちょっとした困った状況が起こることもあります。例えば、トイレでレバーの調子がおかしくなったことはありませんか?もしかしたらトラブルが起きているかもしれません。

■レバーのしくみ

トイレに水を流す時、レバーを回すことで水が流れるしくみになっています。レバーをひいたときにタンクの中のゴムフロートバルブという部分が開き、タンクの中で栓が外れて水が流れていきます。タンクの中の水に浮いていた浮き球が徐々に下がっていくと、ボールタップという弁が開くことでタンクの中に水が溜まっていきます。一定量の水が溜まると弁がしまって給水が完了します。タンクの中を実際に覗いてみると、様々な部品でつかさどっていることが一目でわかります。

■なぜレバーでトラブルが起こるのか

レバーのトラブルとしてよくあるのが、レバーが空回りするために水を流すことができないことや、レバーを回したあとに元の位置に戻らなくなってしまい水が止まらなくなったり、水漏れに繋がってしまうことなどです。タンクの中で何が起こっているのか確認する方法として、レバーを回した状態でタンクの中をのぞいてみてください。このとき止水栓を閉めて水の流れを止めます。
そうすると、鎖が絡まっていたり、場合によって部品が壊れていることが確認できるかもしれません。レバーが錆びていたり壊れていないかどうか、そのほか鎖などの部品が絡まっていたり壊れていないかどうかなども確認しましょう。

■まとめ
起きてしまったトラブルは、絡まった鎖を直すか、もしくは部品が壊れているなら交換することで解消することができます。鎖を直すのは自分でもできますが、壊れた部品の交換は専門業者に修理を依頼する流れになるでしょう。状況を説明することで早急に対応してもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ