トイレの水漏れトラブルは詰まりを除去すれば大丈夫?

トイレの水漏れトラブルといえば、代表的なものに詰まりがあります。詰まりの原因となっているものを除去しなければならないわけですが、一体何が原因で詰まってしまうのか、その原因を紐解いていきましょう。

■詰まりには前兆がある

実際に詰まってしまうとパニックになってしまうものですが、実は前兆があることが分かっています。あらかじめその前兆を見逃さなければ、被害を最小限に抑えるか、もしくは被害が出る前に食い止めることができるかもしれません。
例えば、用を足したあと水を流そうとしたとき、便器の中の水が一瞬だけ水位が高くなる瞬間があれば、それは詰まりの前兆である場合があります。以前に比べて一瞬だけ水位が高いけれど結局流れていくため問題ないと思われがちですが、すでに詰まりが起こる可能性が高い状況であることが考えられます。タンクの中の水の流れと、便器の中の水の流れが比例していないために、一瞬だけ便器の中の水位が高くなるのです。

■タンクに原因があることも考えられる

用を足したあとタンクの中の水を流すわけですが、以前に比べてタンクから出てくる水の量が少ない場合、タンクの中に何か原因があってトラブルが起こっているかもしれません。これは本来タンクに溜まるはずの水の量が少ない状況であることが考えられます。
これは、通常より溜まる量が少なくなっている状況なので、解決するためにはタンクの中のトラブルを早急に改善する必要がでてきます。

■まとめ
トイレの水漏れは詰まりの原因を除去するなど、状況を改善するために修理などが必要になります。自力で出来ないことも多いため、最終的に専門業者へ修理を依頼することになるのが一般的なので、詰まりによる水のトラブルが拡大する前に、頼りになる修理屋さんへ状況を話して、詰まりのトラブルを解消してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ